スマホにときどき身に覚えのない着信がありますが、何なんでしょうか?

「スマホのワン切り」は国際電話を悪用した詐欺かもしれません!

かつて平成の時代には「ダイヤルQ2のワン切り詐欺」がはやりましたが、今では国際的になってます。

スマホを狙った新しい詐欺についてご案内します。

ずいぶん以前となりますが、平成が始まった頃「ワン切り詐欺」が流行った時期がありました。

見かけない電話番号からの着信があり、不審に思ってかけ直すと、高額な「ダイヤルQ2の情報提供料」をだまし取られてしまう事件です。

大きな問題となり電話会社が対策をして、国内では被害は聞かなくなりました。ダイヤルQ2自体も2014年にはサービス終了しています。

ところが現在、なんと「海外からのワン切り詐欺」が横行しているのです。

たいていの場合「アセンション島」「トンガ」「カメルーン」といった聴いたこともない、知り合いもいない国からの国際電話の着信記録が残ります

また「050-」ではじまる番号もあるようです。

不審に思い、ついかけ直してみると、

  • えんえんと音楽が流れる。
  • 日本人が困っています。そのままでお待ちくださいというようなアナウンスが流れる

ような通話で、いくら待ってもなんら変化はないため、しばらくして電話を切るしかありません。

ところが、この間に「30秒あたり約200円」といった高額な国際電話代がカウントされていて、忘れた頃にあなたに請求されてしまうのです。

あまりに古典的な手口ですが、海外からで胡美羽額なのが、たちの悪い詐欺電話です。

今は電話帳はなくなりましたが、相次ぐ個人情報の流出事件の結果、IDパスワードやメールアドレスだけでなく、電話番号も同じようにブラックマーケットでリストとして売買されて、海外の犯罪者に悪用されているわけです。

今では固定電話は廃止した方がいいかもしれません

かかってくる電話はユーザー側は防ぎようがありませんので、

 「見知らぬ電話番号は全て無視」

 「決してかけ直ししない」

を心がけましょう。

不愉快ではありますが、それ以上の実害はありませんので、ほっておくのが一番です。

また電話番号が漏れている固定電話は、今では詐欺電話の温床です。

携帯が普及した今固定電話をもつことには、あまり意味がなくなりました。

以下のデジタルキーパー公式ブログの記事もご覧になり、固定電話の廃止もご検討下さい。

デジタルを安全に使い未来につなげるデジタルキーパー株式会社の公式ブログ

電話番号の悪用が相次ぎハローページも廃止されました。いったん流出した電話番号の削除は難しい今、固定電話は、オレオレ詐欺、…