Appleユーザーの方「iOS 14.5」が出ました。プライバシー保護が強化されています。すぐに更新しましょう!

便利な機能も追加されていますが、プライバシー保護の強化が大切なポイントです。

アプリのデータが外部に提供されることを止めることができます

2021年4月26日から、AppleのiOSが14.5にアップデートしました。

更新方法は簡単です。すでに画面の設定「歯車」にマークがついていると思いますが、

「歯車マークの設定」-「一般」-「ソフトウェア・アップデート」で設定できます。

Apple Watchをお使いの方は「マスクをしていても顔認証できる」などいろいろいな新機能も追加されていますが、ユーザーにとって大切なのは、プライバシー機能の強化です。

 

アプリは、スマホ上でユーザーからたくさんのデータを集めています。

それらは、「位置情報」から「何のサイトを見ているか」「どんなメールをやりとりしているか」まで多種多様です。

それらのデータをは、アプリが自分のスマホ内で使うのは許せますが、実はアプリは、外部に一部のデータを提供しています。

外部提供の理由として多いのは、広告会社に提供して、ユーザーの好みに合った広告(パーソナライズ広告)を配信するために使うことです。

しかしアプリの中には、広告目的以外に、いろいろな情報を多数外部に提供してしまうアプリもあります。

もちろん情報は匿名化されていて個人が特定できないようになっていますが、あまり気持ちの良い物ではありませんし、中には悪用されるケースもあります。

 

iOS14.5になるとどうなる?

今回の更新されたiOS14.5からは、アプリを使うときに、下記のようなポップアップ画面が出て、ユーザーに「外部にデータを提供しても良いですか?」と尋ねるようになりました

普通は提供しても害は無いはずですが、「気持ち悪い」「提供したくない」という方は「不許可=Appにトラッキングしないように要求」にしてもかまいません。

iOS14.5について詳しくは当社公式ブログの記事もご覧下さい。

デジタルを安全に使い未来につなげるデジタルキーパー株式会社の公式ブログ

2021年4月26日新しいAppleのiOSの14.5が発表されました。「マスクしていても顔認証OK」など、多数の便利機…

 

また、情報を外部に提供してしまうアプリの危険性や注意点については、下記記事にまとめてあります。

デジタルを安全に使い未来につなげるデジタルキーパー株式会社の公式ブログ

スマホのアプリは生活に欠かせないものですが、危険アプリが原因の個人情報流出など事件も多発しています。また広告代や課金目当…