NTTの電話帳が廃止されましたが、これから固定電話や電話番号はどう扱えば良いでしょうか?

電話帳の廃止からもわかるように、固定電話はいらない時代になりました。セキュリティの観点からも固定電話の廃止を検討しましょう

とうとうNTTの電話帳が廃止されたわけ?

2020年の10月にNTT東日本・西日本の個人や企業の固定電話番号が記載されている電話帳「ハローページ」が廃止され、発行も配布も中止されることが発表されました。

NTTの廃止の理由は、

  • 「携帯電話やインターネット等、固定電話の代替手段の普及」
  • 「通話アプリやSNS等のコミュニケーション手段の多様化」
  • 「個人情報保護に関する社会的意識の高まり等の環境変化」

です。

これから電話番号を調べる時は、「104の番号案内」か「職業別電話帳のタウンページ」を使えますが、ネットで検索が当たり前の今、電話帳がなくても、困る事はまったくありません。

NTTも「大量の個人情報が載っていて、悪用されることも多く」対応に苦労するし、コストもかかるしで、廃止に踏み切ったのでしょう。

そもそも電話帳は昔はすべての電話番号が掲載されていましたが、

すでに「固定電話はセールス電話ばかりかかってくるだけで使わないからいらない」と廃止した方も多いと思います。

なぜか固定電話の番号はネット上にも流出している。

さて今でも電話番号は、個人や宛先を特定できる情報としては、もっとも非常に大切な個人情報です。

また今では電話は単なる連絡手段ではなく、本人認証の鍵としても使われることが多くなりました。

例えば電話番号を宛先とする「スマホのSMS」は金融機関の本人確認の手段としてもしばしば使われています。

スマホを盗まれて、内部の情報はロックしていたため見られなかったとしても、SIMカードを抜き取られて悪用されると、本人に成りすますこともできてしまいます。

ところが大切なご自分の固定電話の番号を「03-○○○○-○○○○」のようにハイフンをつけて入力し検索すると、名前や住所が表示されることがあります。

かつて個人情報保護意識がルーズだった時代に、公開されていたNTTの電話帳情報を元に、独自の情報も加えて「電話帳データベース」を作り、販売している名簿業者のサイトが多いです。

この手の業者は「公開されている情報だから」と決して掲載削除に応じることはありません。いったん電話帳に記載された電話番号には著作権はないのです。

つまり電話番号も「一旦流出すると削除することは困難」です。

しつこい勧誘電話や電話を使った犯罪は、この手の名簿業者のデータを元にかけてこられることがほとんどです。

固定電話は詐欺の温床?

「オレオレ詐欺」や高齢者狙いの「不当な販売」もほとんどは固定電話あてにかかってきます

今では安全を考えると、固定電話は廃止した方が無難な時代になっているかもしれません。

固定電話や流出している電話番号の危険性について詳しくは、デジタルキーパーの公式ブログの以下の記事もぜひご覧ください。

デジタルを安全に使い未来につなげるデジタルキーパー株式会社の公式ブログ

電話番号の悪用が相次ぎハローページも廃止されました。いったん流出した電話番号の削除は難しい今、固定電話は、オレオレ詐欺、…

 

なお、いろいろなサービスの登録で電話番号を求められることは多いですが、携帯の電話番号はこれからますます大切な個人情報になります。

固定電話時代のように、流出して勝手に使われてはたまりません。

情報の取り扱い扱いが信用できる場合を除いては、慎重に判断しましょう!